スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人の目のちりより・・・。

IMG_6568_R.jpg
岡山県の後楽園で撮ったコイ


人間っていうのは人の欠点はよく見えるけど自分の短所には見向きもしないものですね(笑)

イエス様が言った、「なぜあなたは、兄弟の目のちりに目をつけるが、自分の目の中の梁にはきがつかないのですか。」という言葉は、頭では理解してたつもりだったけど、その本質は最近になってようやく気づき始めた。

でも「梁」って家の柱とつながってる、ぶっとい木材のことだよね?・・・。
ちょっと言い過ぎじゃないの?って思ったけど、イエス様がそこまで極端な
例えを用いられたのにはそれなりの理由があると思う。

ちりと梁・・・。この割合を例えて言うなら、相手の目やにと、
自分の直径10メートルの鼻くそとほぼ同じくらいだろう。

イエス様が用いたこの極端な表現・・・。これを今日は自分なりに考えてみた。

まず、僕ら人間は生まれながらの罪人であり、完璧な人間はイエス様以外は存在しないため、必ず何らかの欠点を持っている。それは習慣だったり、忘れっぽさだったり、様々な類の短所だ。

イエス様が言われた”目のちり”というのは、
僕らが元からもっている欠点のことだと思う。
自分には見えない欠点を持っていたとしても、
何もしなければそれはただのちりに過ぎない。

しかし!!

相手をさばくことで、自分の目にあるちりは泥を越え、排水溝のぬめりを越え、象の糞を越え、ついには梁ほどの大きさにまで膨れ上がり、その醜い自分の短所が堂々と曝け出されてしまうというわけだ。

母はたまにパンを焦がすことがある。母は僕よりも焦がす頻度は高いけど、
僕もパンを焦したことがある以上、さばく権利は到底ない。

この状態はまだお互い「目やに」がついてるレベルです。

だが!!「またパン焦がしたなぁ~!タイマーついてるじゃんっ!」と言った瞬間に、
僕の目やには、直径10メートルの鼻くそと化してしまうのです!!!
※あくまでも僕の勝手な考えです。(笑)

恐ろしい。さばくっていけないね。(/ω\)

イエス様は7章5節前半で、自分に欠点があるのにも関わらず、
相手の短所を指摘する人のことを、「偽善者」と呼ばれた。
後半は「自分の目の梁を取り除きなさい。」と言われた。
イエス様がしなさいと言われたのはこれだけだったんだ。

イエス様の生き方を見るだけで、僕たちは人をさば必要が全くないということがわかる。

さばく必要はないけど、注意することはできる。でも注意する時は言い方に気をつけたい。
「自分も失敗することがあるけど、これをする時はこうすれば良いんじゃないかな?」
って優しく教えれるようになりたいですね。

ってことなんで、今日僕が言いたいことは一つだけ!!
「魚以外はさばかないでください。(笑)」

スポンサーサイト
プロフィール

サムぴょん☆

Author:サムぴょん☆
はじめまして!サムぴょん☆です♪いつでもどこでもジョイフルというかなりタフな人間ですwよろぴく~(o^ω^o)ノ☆゜

カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログラム
名言集
英語名言集 kkgs.net
僕が撮った写真☆

PHOTOHITOブログパーツ

UNIQLO
ジオターゲッチング

ジオターゲティング
ニュートン
お魚さん
かめちゃん
ペンギンちゃん
かえるちゃん
くもちゃん
エイちゃん
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ

クリックでエサをあげられます

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。